こないだ(年末)のrizin

天気がイイってイイね!!!
早速今年もアホみたいな独り言を、つらつらと書き綴っていきます。

---------------------





まずは、このあいだのRIZINについて。

・仮面女子(アイドル?)川村虹花とAI(人工知能?w)の試合。

そんなに気になってないけど、結果だけ知りたいみたいな?w
まぁ、普通にレスリング出身のAIが勝ちましたよと。AIは結構パンチ貰ってましたね。
正直、アイドルは黙ってアイドルやっとけと。金子賢がPRIDEに出て負けたのと重なりましたね。
大晦日(RIZIN当日)の昼ごろには、既にようつべに上がってましたw
なんて、素晴らしい世の中なんだw(ホントはあかんけど)

・朝倉海(朝倉兄弟の弟)と韓国人ムン・ジェフン





僕が、アウトサイダー見出した頃から地味に注目してる、朝倉兄弟の弟ですね。
チンピラ上がりで今や大舞台ですから、夢がありますね~
結果は判定で海が勝ちました。3R終盤のノーガードでの殴りあいは熱くなりました。
でも、あれもうちょっと時間あったら海がKOされてましたね。よ~くよく見てみると、ちょこちょこ相手の良いパンチが入ってて、ちょっと飛んでます。
ナイスファイトでしたね。

・渡辺華奈と杉山しずか

多分知らん人は、「誰やねん?」ってなってると思いますが、僕もあまり知りません。
この間の、RIZINで両選手知りました。
実はこれ、リマッチです。前回は渡辺選手が勝ってます。
結果は、秒殺で渡辺の勝ち。僕も見てて「???」ってなりましたが、カーンってなって、お互い殴り合ってたら良いのが入ったみたいで、杉山ダウン→レフェリー止める。
みたいな。もうちょっと見たかったですね。

・朝倉未来(みくる)とリオン武

朝倉兄弟のお兄ちゃんと修斗のTOP選手ってか元チャンピオンの試合です。
お兄ちゃんへの想い(短い)はこの記事でも。
実はこの試合、もうスーパー直前で決まった試合です。
未来がインタビューで話してましたが、試合を申し込んでも断られるんですってw
理由はわからないけど。そんな中で、試合引き受けたのが、この【リオン武】選手。
修斗(宇野薫とかルミナとかマッハとか五味)は知ってるけど、この選手は全然知りませんでした。
試合前にやっぱり気になるやん?だから調べたら、一回か2回ほど修斗のチャンピオンになって、引退して、最近復帰して、この間、階級1位の選手に勝った。とかいう、「えっ?強いんちゃうの?」って選手でした。
ただ、年齢が38歳・・・
結果は、未来が膝蹴りかまして、パウンド一発でTKO。綺麗に膝が入ってました。
なんとなーくですが、全てにおいて未来の方が上回ってる印象でした。
えぇ、私は素人ですよw

いや、しかし未来は「なんか怖い」。年下で、私と身長も同じくらいで階級も同じ・・・勝てる気がしません。そら、当たり前やん?って話ですけどね。
終始、落ち着いていて冷静なんですよね。勝利しても感情をあまり表に出さない。また、それが怖い。
チンピラ上がりのファイターって完全偏見ですけど、勢いだけでやってきて、1Rからぶん殴りに行ったら、相手が圧されてしまってラッキーパンチがあたってKO!
みたいなイメージありません?
一方、未来はクレバー。実際結構、相手研究してると思う。今回はあんまり研究してないって言ってたけど。
試合後のインタビューで「イメトレをしすぎた」って発言してたんですが、あぁそんな感じのファイターなのね。って。
こうきたら、こう返す。こうきたらこう。みたいなのがしっかり頭の中で出来上がってるんですね。

次の未来選手の相手は誰でしょう?ワクワクです。

※ぜんぜんどうでもええ話なんですが、私、常々書いてますが、引越ししまして、ちょっと離れたところに、この極悪兄弟が通ってた道場があるんですよ。ちょっと顔出しに行きたいwって思ってます。
顔出したら、また書きます。

・で、午前の部のメイン。

北岡悟 vs 川尻達也





結果から。
北岡の判定勝利。(呼び捨てすんませっ!)
1R、2Rは北岡でした。が、スタミナが切れてきて、川尻が最後に男見せました!!!バチバチ殴り合いに行ってました。
ちょっと感動しました。ホンマに出し切るってこの事やな!って思いました。
川尻選手は明らかに、自分の死に場所(引退相手)をすでに探し始めています。
RIZINでのインタビューでも「(引退してもいいはずなのに)気づいてないのは、俺だけかもしれない。」と発言しています。
この試合で、勝って何かを掴みたかったのでしょう・・・
でも、北岡の根性の方が上回りましたね。ただ、北岡は筋肉鍛えすぎてスタミナがないように感じました。
素人が偉そうにすんませっ!個人的には感動した、素晴らしい試合だと思っております。
あと、細かいんですが判定で北岡が勝ちました。で普通ならお互いがお互いを健闘しあう。みたいな流れなんですが、そういうのが一切なく、北岡が四方に勝った事に対しての喜びを爆発させている・・・
北岡・・・なんかちゃうぞ?
と、僕は思って見ていたんですが、マイクアピールでちゃ~んと北岡から川尻への熱い熱いありがとうの発言がありまして、良かったな~って思いました。ちゃんちゃん。

---------------------

・午後の部、第一試合のRENAと外人

カンナちゃんに負けてからの、RENAの復帰戦です。
が、が、が、
当日か前日の計量時のニュースで、RENAが倒れた。との報。

「マジ???」

確かに、ぽっちゃりにはなってました。(いや「ぼ」っちゃり?)
計量間に合ってないや~ん・・・
ちょっと、気になってただけに残念ですが、仕方がないですよ。選手の命の方が大事です。当たり前ですが。
体重別で戦っている格闘アスリートは、まさしく命削って夢を与えてくれてるんやなって思いました。

・真珠・野沢オークレアとヤスティナ・ハバ

野沢直子の娘と外人の試合。(野沢直子の娘も外人みたいなもんやけどw
すんません。見てないですが、結果だけ。
オークレアの負け。チョーク系の技。気が向いたら見ます。

・で、次点次点くらいで気になってた、佐々木憂流迦とマネル・ケイプの試合





うーん。「マネル・ケイプ手抜いてる?」ってな感じでした。
明らか、堀口と試合してたときのほうが強く感じました。
ごめん。語弊なく書くと・・・

多分、八百長・・・

そんな、わかりやすい八百長ではないんですが、僕が思うにですよ?
ケイプが圧倒的にグラウンドテクニック無いのか、佐々木が上手いのかわからないけど、グラウンドになってからケイプおとなしすぎひん?
って思うシーンが多々・・・
で、3R目にケイプが自分の側頭部に手を当てて、「ハイキック打って来い!」みたいなアピールするんですよ。
しかも、そのアピールの感じがおちょくるようではなくて、「ハイで俺倒れるから、蹴って来い!」みたいな?かんぐりすぎ?
なんとなく、なんとなーくですが、ケイプは堀口に負けて、そこまでは良かったんですが・・・
朝倉海(弟)に負けてから、どうでも良くなった感がすごいような気がします。
確かに、海vsケイプのあのジャッジは「???」でした。僅差でケイプが勝ったかな?って感じでした。
「RIZINは正当な評価をしない団体だ。こんな団体で勝っても自分の強さは証明できない。手抜いちゃおw」みたいな?
そんな気がしてならないです。
佐々木も弱い選手ではないと思うんですけどね。

・で、矢地祐介 aka 髪切らないとジョニー・ケース

2Rに入る前に、やっちの目が腫れ過ぎてドクターストップ。
やっちの負け。
素人ですけど、多分あのままやっててもやっち負けてた。
もうちょっと見たい試合でした。

・宮田和幸と山本アーセン

あんまり、興味なかったけど、決まったシーンだけ見たので。
これ書き終えてから見ます。
宮田はこれで引退です。
宮田の変形アームロックで勝利。
見事に変形でした。無理やり決めた感ありましたね。えげつなかったです。

※この試合の動画見ました。重ねて言います。僕素人です。でも、言います。アーセン・・・総合向いてないんとちゃうかな・・・?
決まり手の、変形アームロック。これ、どんな感じではいったのか気になってたんですけど・・・
普通に、ガードポジションの宮田が、アーセンの手首とって、アーセンが離そうと?背中の方に持っていって、そのままチキンウイングみたいな感じで固められたって感じですかね?
いや~普通に警戒しないの?って感じてしまいました。
宮田は引退しなくても良いんじゃないの?って。ようつべのコメント欄でも。

・で、僕の大好きな浅倉カンナちゃんと浜崎朱加さん





カンナちゃん負けました・・・
まぁ当然と言えば当然でしょうけど・・・なんかひょっとしたら勝つんちゃう?みたいな期待感はありましたよね?(なかった?w)
打撃、グラウンド共に浜崎選手の方が上回ってましたね~
そんな事より、気になることがありまして・・・
それは何かと言いますと・・・

「カンナちゃんに対するブーイングヤバない?」

この試合、始まって早々、故意ではないサミング(指が目に入る)がありまして、「ブーブー」ですよ。
カンナちゃんは故意にそんな卑怯な手をつかう子じゃない!俺は知ってる。顔見たら分かる。そんなんする奴は、だいたい顔見たら分かる!w
まぁ、ここでのブーイングは多少分かるんですが・・・
試合が始まる前の、選手の呼び出し?読み上げ?の時に、すでにまぁ結構な「ブーブー」ですよ。

↓の動画です。

「これ。マジか?」ですよ・・・なんでや・・・なんでなんや・・・カンナちゃんこんなに可愛いのに・・・
理解できひん・・・

話は変わりまして、浜崎選手も可愛いんですが、男前ですよね?なんか。
可愛い男前。みたいなw
決めた後に、すぐにカンナちゃんに寄り、なんと言葉を交わしたのでしょうか?
それで、頭ヨシヨシですから。浜崎選手にとっては、子供でしょうね。カンナは。
そら、知名度、話題性はないですが、浜崎は世界チャンピオンですよ?
しかも、日本の団体で、日本でしか試合してなくて世界チャンピオン!とかゆうてるんちゃうすよ?
インヴィクタっていうアメリカの団体でのチャンピオンですから!
アメリカでのチャンピオン=世界チャンピオンって言っても過言じゃないでしょう?
一部、「馴れ合いはやめろ!」みたいな声もありますが、twitterでは浜崎選手が笑顔で、腕組んでカンナちゃんと写真。
ちゃんと覚えてないけど、熱いメッセージを添えて投稿していました。
僕は、間に入りたかった。カンナちゃんと浜崎選手の間に!w

・堀口恭司とダリオン・コールドウェル

堀口がフロントネックロックで勝ち。
長身相手に堀口がどう戦うのかな~って思ってたんですが、相手がタックルからのしつこくグラウンドに引き込もうとする感じで、堀口もタックル切ってるような切れてないような・・・
なんか煮え切らない感じで、ダリオンはあそこまでしつこくグラウンドに持ち込もうとしてたけど、どういう展開を狙っていたのだろう・・・
カウンターでバチコーンかな~って思ってたけど、意外すぎるチョークでした。

・いよいよ、那須川天心とフロイド・メイウェザー





う~ん、これどうやったんでしょう・・・
大晦日の日、僕は23:55位から寝てるような寝てないような、そんな半寝状態でした。
そんな中、先輩からの年末メールが届き、内容は「天心、メイウェザー戦が茶番過ぎたから俺も寝る。」と。
あぁ~茶番だったのか~・・・明日見よう・・・
見ました。

茶番ですか?ネットでは(TVないからネットしか情報ないw)どこを見ても、「茶番」や「無謀」や「選手の事考えてない」とかなんとか、書かれてましたが、僕は茶番やとは思わなかったですね。

ここまで来て、急激に書くのが、めんどくさくなってきました。
茶番やゆうて、みんな「天心なら階級ちゃうけど、やりよるかも?」みたいな気持ちどっかにあったやろ?
ほんで、メディアも煽るだけ煽って、天心と天心の親父をその気にさせて・・・
負けたあとに泣いてた天心は、強さをただ追いかけている純粋な二十歳でしたね。
この負けは、彼が更に高く飛ぶための助走になるでしょう。

---------------------

あと、新年早々色々思う事があったから、書こうと思ったけど、思いのほかRIZINの感想が長引いた。
思ってる事があったら、コメントして~




この記事へのコメント